脱毛器

脱毛器 > 家庭用脱毛器を使う場合は日焼けに要注意

家庭用脱毛器を使う場合は日焼けに要注意

エステサロンやクリニックで脱毛する場合、脱毛の前後に日焼けをしないように注意されます。 なぜ日焼けがよくないのか、その理由をお話しましょう。

まず脱毛前の日焼けですが、脱毛は毛根の黒い色素に反応する光を利用するため、お肌が日に焼けて濃い色になっていると、皮膚に反応してしまうのです。 するとお肌が火傷をしたような状態になってしまいます。

とても痛いですし、お肌も大きなダメージを受けてしまいます。 また脱毛後のお肌はとても敏感になっていますから、その上に日焼けをするとやはりダメージが大きくなります。 ですから脱毛の前後はなるべく日焼けを避けて生活しなければなりません。

家庭用脱毛器を使う場合も同様で、やはり日焼けは避けなければいけないのです。 ただ、エステサロンではスタッフがお肌の状態を見て施術してくれますが、家庭用脱毛器を使う場合は自分で判断しなければなりません。 つい日焼けに関する考え方が甘くなってしまい、「これくらいいいか」と日焼けをしてしまうこともあるので気を付けましょう。

ムダ毛が気になるのは手足を出す機会が増える春や夏ということが多いので、とくに日焼けには気を付けなければなりません。 日差しが強い時に外出したり、アウトドアのレジャーを楽しんだ後はたとえお肌が黒くなっていなくても紫外線の影響を受けています。

普段のお肌よりも乾燥しやすかったりダメージを受けやすい状態ですから、脱毛を考えているなら日焼けをしないように工夫しましょう。 日焼け止めを忘れずに塗るようにしたり、できれば長袖の服を着るなどしてお肌が露出する部分を減らすようにしましょう。

外出する時には帽子をかぶったり日傘をさすなどして、日光の影響を極力少なくした方が安心です。 日焼けにさえ気を付ければ、夏に脱毛することも可能になります。 もし脱毛に取り組んでいる最中に日焼けをしてしまったら、お肌の状態が落ち着くまでは家庭用脱毛器を使わないことです。


永久脱毛する時期と期間について

永久脱毛をいつするか、そしてどのくらいかかるかはその脱毛方法や脱毛部位によって大きく変わってきます。 なぜなら毛には「毛周期」といわれる生え換わるためのサイクルがあるからです。

体毛は表面に出ている毛は全体の3分の1といわれています。 ムダ毛を抜いても、すぐにまた生えてくるのはそのためです。 永久脱毛を効率よくするためには、この毛周期をうまく利用しなければなりません。 というのも永久脱毛の主力であるレーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、成長期の毛にしかその効果を発揮できないからです。

毛の成長サイクルはまず、毛母細胞が分裂を始めると、皮膚の下、毛穴の奥の方で新しい毛が伸び始めます。 そして毛細血管から栄養と酸素を取り込みながら徐々に太く長くたり、表面に出てきます。 この時期が脱毛効果が現れる「成長期」です。

ここから退行期に入ると、毛と毛乳頭の分裂が止まって毛乳頭と毛の結合が緩んで毛が上へ押し上げられていきます。 さらに休止期に入ると、毛と毛乳頭が完全に離れるため自然に抜け落ちていきます。

こうした毛周期を考えながら、脱毛サロンに通うことになりますから、人によっては感覚に差があるとしても、同じ部位についてはだいたい2ヶ月に1回程度で施術するのが最適だといえます。 毛が生えるペースが遅い人や、何度か脱毛をして新しい毛が生える期間が長くなっている場合は生えてきたら通うというスパンでいいでしょう。

ほとんどの人は脱毛する時に「夏ぐらいまではきれいになりたい」とか「結婚式までには脱毛を完了しておきたい」など目的があると思います。 レーザー脱毛やフラッシュ脱毛の場合、脱毛処理してから約2週間ほどで毛がポロポロ取れてきます。

ですから、一番きれいな状態にしておきたい時期から逆算して脱毛スケジュールを立てることが大切です。 また、施術後は日焼けは厳禁となっていますから、真夏に脱毛するよりも秋ぐらいから来年の夏を見定めて始めた方がいいでしょう。